あまりの放置プレイに心が折れて退職

辞めるに至った理由は、派遣社員に対しての扱いがあまりにもひどかったので、心が折れてしまったからです。わたしが派遣社員で入ったのは、産休でお休みする方の代わりで入りました。産休でお休みするという事は、事前にわかることなのに、何の準備もされてなかったことにびっくりしてしまいました。わたしが心が折れてしまった出来事が5つありました。

1つ目は、私が派遣社員として来た当日、シャープペンシル1本用意されてるだけでした。そして、放置されていました。経理部門の担当として入りましたが、経理というのはだいたいやることが1か月サイクルで決まっています。1か月半しか引継ぎがないとなると、1回しか一緒に仕事ができないので、わたしは焦っていました。なので、私の方から「決算報告書見せてください」だとか、「通帳のコピーをとらせてくだし」などお願いして、お金の流れなどを自分で把握しました。説明下手な人だったのかもしれないですが、あまりにも説明がなさすぎました。

2つ目は、その産休で休む方の実際の仕事を知ってる社員が誰もいなかったことでした。つまり、産休で休む方がいなくなってしまったら、仕事を聞ける人が誰もいないということです。この会社は危なすぎると思ってしまいました。重要な仕事なのに、社員は誰も把握してなくて、派遣社員のわたししか仕事を知らないという状況が荷が重すぎると感じてしまいました。

3つ目は、社員が誰も手伝ってくれないということでした。私は、何日も残業の日々でした。夜の11時までの残業が何日が続いたこともありました。そんな時でも、同じ部署の男性は何も気にせず夕方の6時半頃帰ってしまうのです。全然手伝ってくれませんでした。

そして、わたしの上司なんかわたしのタイムカードに印を押さなくてはいけないので一応残ってはいるのですが、しょっちゅう煙草を吸いに行き、私のとなりで小説を読み、いっさい手伝ってくれませんでした。日中銀行に行くのも私、パソコンでの入力作業をするのも私、何か用事で出かけるのも私でした。夜の11時まで残業するのにです。

4つ目は、やったことのない資金繰りまでさせられたことです。入社の面接のときに、資金繰りはやったことがありませんとちゃんと伝えました。しかし、上司は「一緒にやりましょう」と言ってなかなか取り合ってくれませんでした。結局なんとか私が自分で作成して、上司はハンコを押しただけでした。

5つ目は1年に1回しかないような仕事でも私にやらせようとしてきたことです。私は最初から数か月しかいないとわかっているのだから、それぐらいはしてほしいと思いました。このままいたら決算もやらされそうでした。契約期間は4か月くらい残っていました。ただ、産休の方が赤ちゃんを産んだ後、電話で連絡がとれるくらいまではがんばっていました。

辞めるときの段取りは、絶対に辞めさせてもらえないとわかっていたので、うそをつきました。銀行から帰った時に、実は田舎の母が急に倒れたと言い、田舎が遠いのでいつ帰れるかはっきりわからないと上司に言いました。その後、派遣の営業の人に、母が倒れて危ないからもう辞めますと言いました。その後、困った派遣先の上司はパニックになり、私が作っていたマニュアルをよこせと言ってきたので、会社にマニュアルと制服を送りました。派遣元との関係はその後どうなったかはわかりません。

あまりにも派遣社員への扱いがひどかったので、全然後悔はしていません。派遣会社の営業の人も、何でも相談してくださいとか、遅くまで残業して大丈夫ですかなど、心配するふりはするのですが、辞める時も完全に企業の味方だったので、もう二度と派遣社員で働くのはやめようと思いました。