面倒なことは一切なしの派遣

派遣社員になった理由は新卒で入った会社がどうしても体力的にきつく、その割に給料が見合わなかったからです。学生時代に理系の勉強をしていて、実験系の派遣社員は時給も良かったので、派遣社員として社会人としてのスタートをやり直しました。 仕事無いようは輸入食品の残留農薬の検査や添加物の検査でした。サンプルを粉砕したあと、薬品に溶かしたり、過熱したりして、色を見たり、機械で分析したりします。

派遣社員でいいところは、残業代がしっかり出ることです。社員さんは休憩時間に仕事をしたり、仕事の準備をする時間が結構割かれていますが、派遣社員は仕事の準備をする時間も含めてお給料になりました。なので、モチベーションがあがりました。仕事が忙しい時でも、社員さんと比べて残業は少なく、比較的早く帰らせてもらえました。また、給料はもちろん、年金や社会保険や所得税は引かれましたが労働組合費や社員旅行の積立金、退職の積立金などは無いので、お給料そのものはそこまでよくはありませんでしたが、手取りの額事態はそんなに悪くなくて嬉しかったです。

人間関係でも、そこまで悩まずに済みました。怖い人や意地の悪い人がいても、どうせ、派遣なんだし、ずっと付き合う必要はないと思えるので気が楽でした。最初っから出世の可能性はゼロなので、同期よりもとか、社内試験がなどのストレスもありませんでした。派閥争いも、遠くから、監察するのはちょっと楽しいです。

派遣社員は派遣先は職場ですが、籍は置いていないので、不満を直接言わずに済みます。派遣会社に困ったことがあれば相談することができて良かったです。どうしても冷房がきつくて身体が辛かった時がありました。温度設定の権利を持っているのがお局さんで言いだせずに、派遣会社に相談したら、すんなりと室温が上がったことがありました。また、上司の方からの評価を派遣会社から訊くことが出来て、励みになったり、反省したりして今後に生かすことができます。毎日会っているからこそ、直接言えない希望や要望や苦情を聞ける機会があるのはとても嬉しいことです。

社員旅行に行かなくて済んだのも良かったです。仕事をやっている人と同じメンツで一泊はあまり楽しそうに思えません。特に、沖縄に一泊旅行とか、飛行機に乗ってお酒を飲むだけじゃないと思いました。社員旅行の日に派遣同士でスイーツ食べ放題に行って楽しかったです。

さらに、新入社員の指導をしなくていいことです。新入社員に厳しいことを言う必要が無いので、よく慕われて仲良くなりました。新入社員も仕事の愚痴を言いやすいのか、その会社での契約が終わっても付き合いが続くことが多いです。私の友人はそれが縁で付き合い、結婚までしました。かなり大手の会社だったので、少し羨ましかったです。

派遣社員だと長期の休みがとりやすいです。3年働いて契約が満了した後、次の派遣先が決まるまでゆったりと休めます。正社員だと一週間以上の休みはなかなか難しいです。次の派遣先を探しつつ、休日だと混んでいるスポットに平日に行ったり、凝った料理に挑戦したり、趣味に没頭したり、遠くの友達に会いに行ったりしました。失業保険も派遣の契約が切れるつどしっかりと受給することができます。技能があれば次の派遣先を探すのはそれほど難しいことではありません。

現在は出産を機に仕事を辞め、育児に専念しています。少し子どもも手がかからなくなってきたのでまた働きに出ようかと思っています。身体が仕事を忘れてしまっているのが少し心配なので、最初は無理をせず、近場で時給が安くても時間の短いものからスタートしようと思っています。ブランクがあるので心配ですが、なんでも頑張るつもりです。